ローヤルゼリーと更年期障害!

ローヤルゼリー選びのポイント!
ランキング1位!
山田養蜂場ローヤルゼリー

更年期障害とは?

元気な女性

更年期障害は、加齢に伴って卵巣の機能
が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)
の分泌が減少し、自律神経が乱れること
によって、様々な症状が出て起こります。

 

女性ホルモンは初経のころから増え始め、
40歳を過ぎたころ(閉経前)からだんだん
減り始め、閉経後はほとんど分泌されなく
なります。

 

代表的な症状はホットフラッシュ(のぼせ、
ほてり)、めまい、イライラ、不安、異常な
発汗などです。

 

閉経(50歳前後)を挟んだ10年間位に
症状が出ることが多いようです。

 

年齢でいうと45歳位から55歳位です。

 

ローヤルゼリーには自律神経の乱れを
調整してくれる「アセチルコリン」という
成分が含まれています。

 

ローヤルゼリー

 

自律神経は、本人の意思に直接関係の
ない代謝や循環、体温など生命維持
に不可欠な機能を支配している神経です。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経
があります。

 

交感神経は、心拍数や血圧は上昇させ、
消化器系の働きは抑えて、体が活動的で
エネルギーを消耗しやすい状態にします。

 

緊張やストレスが続くと交感神経が優位に
なってしまい、体に色々な症状が現れてきます。

 

副交感神経はリラックスしているときに働き、
エネルギーを蓄え、体を修復するように働きます。

 

この2つの神経がバランスよく働いている状態
が、健康な状態です。

 

更年期は、ストレスが続く状態です。

 

これでは、交感神経が優位になりすぎてしまい
ます。

 

体内でアセチルコリンは、副交感神経の先端に
あり、必要に応じて放出効果が出た女性されています。

 

よって、ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリン
が副交感神経を活発にして、自律神経の乱れを
調整してくれると考えられています。

 

ローヤルゼリー特有の「デセン酸」は女性
ホルモン(エストロゲン)に似た作用を持って
います。

 

キレイな女性

 

女性ホルモンには、ハリのある肌やつやの
ある髪
といった美容の効果だけでなく、動脈硬化
や骨粗しょう症、糖尿病を予防する効果などが
あります。

 

自律神経の乱れを調整してくれるアセチル
コリンと女性ホルモンに似たデセン酸を同時に
含むローヤルゼリーは更年期障害改善に適して
いるといえるでしょう。

 

また、エストロゲンの分泌が減少してくると骨が
うまく形成されなくなり、骨粗鬆症の原因になり
ます。

 

骨の形成や質を保つためには、コラーゲンも
関係しています。

 

ローヤルゼリーを摂取すると骨芽細胞の増殖
とコラーゲンの産生が増加することが確認され
ています。

 

 

高品質のローヤルゼリー!
アサヒローヤルゼリーSAI48詳細へ
アサヒローヤルゼリーSAI48

 

 

トップページ


関連ページ

アンチエイジング
ローヤルゼリーのアンチエイジング効果を紹介しています
疲労回復
ローヤルゼリーの疲労回復効果について解説しています
冷え性、肩こり
ローヤルゼリーの作用として期待されている冷え性、肩こりについて紹介しています
高血圧
高血圧に対する効果を解説しています
糖尿病
ローヤルゼリーと糖尿病の関係について解説しています
筋力低下・美肌・美髪
ローヤルゼリーと筋力低下・美肌・美髪の関係について解説しています
研究結果1〜筋力、骨密度、肩こり
ローヤルゼリーの筋力、骨密度、肩こりに関する研究結果を詳しく解説しています
研究結果2〜糖尿病、高血圧、肌
ローヤルゼリーの糖尿病、高血圧、肌のうるおいに関する研究結果を詳しく解説しています
研究結果3〜シワ、冷え性
ローヤルゼリーのシワ、冷え性に関する研究結果を詳しく解説します