高血圧と食生活の関係について紹介します!

ローヤルゼリー選びのポイント!

高血圧改善にローヤルゼリーはおすすめ
ですが、食生活は特に大事です。

 

そこで、ここでは、どういった食生活が
血圧に良いのか紹介していきたいと思います。

 

まずは、血圧についてです。

 

血圧

 

血圧は、
最大血圧(収縮期血圧)/最少血圧(拡張期血圧)
で表されます。

 

収縮期血圧は、心臓が収縮した時に血液が心臓
から血管に送り出されて血管が広がった時の
血圧です。

 

拡張期血圧は、血液が心臓に戻ってきて
心臓が拡張した時の血圧です。

 

一般に高血圧とされるのは、
140/90以上
です。

 

高血圧は、一時的に血圧が高くなる状態では
なく、慢性的に血圧が高い状態を言います。

 

血圧が慢性的に高くなる原因としては、
血管が詰まり気味で狭くなっていたり、
弾力性がなくなって血液が流れにくく
なっている、塩分の取り過ぎなどで、
血液量が多くなってしまっていること
が考えられます。

 

高血圧の原因
・肥満
・塩分の取り過ぎ
・運動不足
・ストレス
・喫煙
・遺伝

 

高血圧の原因を見ても分かるように予防・
改善には食生活はとても大事です。

 

まずは、減塩です。

 

男性は、1日に8g未満、女性は7g未満にする
ことが大切です。

 

日本人は、食塩だけでなく醤油や味噌など
からも塩分を摂取するので、あっという間に
10gを越してしまいます。

 

気を付けましょう。

 

積極的に摂っていただきたい成分は、
塩分(NaCl)に含まれるナトリウム(Na)
の排出を促進してくれるカリウム(K)、
不足すると体内のナトリウムが増えて
しまうカルシウム(Ca)、カルシウムが
血管壁に付着して血管が狭くなるのを
防いでくれるマグネシウム(Mg)、余分な
ナトリウムを排出してくれる食物繊維、
血管をつくる材料であるタンパク質です。

 

カリウム(K)

 

果物、葉野菜、いも類、豆類、海藻などに
多く含まれています。
水に溶けやすい性質を持っているので、
茹で過ぎ、水にさらし過ぎには注意です。

 

アボカド1/2個(70g)504mg
さつまいも1/2本(100g)480mg
さつまいも
ほうれん草1/4把(80g)552mg
ほうれん草
納豆1パック(100g)660mg
ひじき10g 640mg

 

カルシウム(Ca)

 

菜の花1/2把(80g)128mg
うるめいわし1尾(10g)57mg
ヨーグルト100g 120mg

 

マグネシウム

 

ナッツ類に多く含まれています。

 

塩味のついているものには、注意しましょう。

 

アーモンド(乾燥)10粒 44mg
いりごま 小1(3g)11mg
あさり1/2カップ(35g)35mg
玄米茶椀1杯 75mg

 

食物繊維

 

水溶性と不溶性がありますが、水溶性の食物繊維
は、過剰なナトリウムを体の外に排出する作用が
あります。
不溶性の食物繊維は、腸の働きを促してくれます。
どちらも血圧を安定させるのに一役かってくれます。

 

西洋かぼちゃ(100g)水溶性0.9g、不溶性2.6g
納豆1パック 水溶性2.3g 不溶性4.4g

 

タンパク質

 

タンパク質は、私たちの体を構成する大切な成分
で、血管もつくっています。

 

卵1個 7.4g
鶏ささみ肉(100g)23g

 

 

体に吸収されやすい高品質のローヤルゼリー!
山田養蜂場酵素分解ローヤルゼリー詳細へ
山田養蜂場酵素分解ローヤルゼリー

 

トップページへ

関連ページ

山田養蜂場の特許技術
女性ホルモンとは
女性ホルモンの変化
睡眠と女性ホルモン
ホルモン補充療法とローヤルゼリー
プラセンタとは
疲労回復レシピ
運営者情報
ローヤルゼリーの効果・効能とされるアンチエイジング、疲労回復、更年期障害改善等について詳しく解説しています。また、数あるローヤルゼリーの中から効果のある高品質のおすすめ品を厳選してランキング形式で紹介しています。